簡単にできる!友達の作り方 【友達作りの基礎を徹底的に解説します】

ビジネス

こんにちは、ガブリエルです。

あなたは胸を張って『友達』と呼べる人は何人いますか?

答えは人それぞれです。でも、あなたは友達が少しでも多く欲しいと思いますよね。

しかし、どの国にも友達がいない人が多くいます。僕もそのうちの一人でした。

友達がいないのは、悪いことではありませんが悲しいですよね。

周りに友達と仲良く遊んでる人がいるとなおさらです。

そんな時、こんな疑問が湧きます。

ぼっちくん
ぼっちくん

友達はどうすればできるのだろう?

だれか友達の作り方を教えてくれないかな。

こう思いますよね。

僕は、こう思った時にすぐ調べて実験し、考えたので仲のいい友達ができました。

なので、この記事では僕が実際に調べてわかった友達の作り方をご紹介したいと思います。

簡単にできる!友達の作り方

友達の作り方にはいくつかの法則があります。

なので、その法則に従って友達を作りましょう。

先に言っておくと、友達作りは法則と作り方が存在して簡単ですが短時間でできるものではありません

まずは、そこをきっちり理解しておいてください。

ではまず、友達の作り方の法則を説明し

、その次に友達の作り方を教えちゃいます。

友達作りの法則

まず、友達作りの法則は嫌われない法則とほぼ同じです。

それは、嫌われなければ基本的には誰かと関われてそこから仲を深める事ができるからです。

そこを理解して法則を知りましょう。

嫌われない方法は別の記事で詳しく解説してるので、ぜひそちらも合わせてお読みください。

好かれたいとは思わない

友達の作り方の法則はもうこの一言に尽きます。

それは、先ほども書いたように嫌われなければ基本的には誰かと関われてそこから仲を深める事ができるからです

上司や先輩に媚びる女とかはみんなから嫌われますよね。

そういうことです。

下手に友達を作ろうと頑張ってはマイナスです。しっかりと相手と自分を客観的に見ることが大切です。

適度な距離感を保つ

友達を作るには適度な距離感を保つことも大切です。

親しくない人にめっちゃ親しく話しかけたり、逆に堅く喋ったりすると相手に面倒がられます。

相手をしっかりと理解し、楽に過ごせる距離感を保つことも大切です。

友達の作り方

法則を知っていても友達の作り方を間違えると逆にウザがられて友達がいない状態になります。

なので、僕が実際に色んな人に成功した友達の作り方をご紹介します。

1、自分から話しかけすぎない

まず、多くの人がここを勘違いしています。

確かに、自分から話しかけることも大切ですがそれをウザがる人も多いです。

なので、ここは無難に少し話しかけてみるぐらいにしておきましょう。

2、ターゲットが気になりそうな物を持ち歩く

これは、相手から話しかけさせるためです。

相手から話しかけさせると自分も喋りやすくなって自然と面白い会話ができるようになります。

相手が自分のことを少しでも気にしてくれたらOKです。

しかし、あまり派手な事をすると嫌われて友達を作っている場合じゃなくなるのでそこは注意しましょう。

3、楽な会話をする

相手から話しかけて来た時に距離を離し過ぎず詰めすぎず、相手が楽に楽しく話せる環境を作りましょう。

相手は楽に楽しく話せれば、あなたのことが気になって仲良くしてくれるようになります。

4、時間をかけてゆっくり距離を縮める

少し仲良くなったからといって調子に乗ってはいけません。

焦らず、ゆっくりと少しづつ相手との距離を縮めていきましょう

急ぎ過ぎても早すぎても相手は逃げてしますので、相手の性格に合わせてじわじわと距離を縮めましょう。

気づけば、その人はあなたととても仲の良い『友達』になっていますよ。

まとめ

あなたは、実際にこの記事を読んで友達ができそうでしょうか。

あなたに、少しでも自信がついて友達ができたのならこの記事を書いてよかったと思います。

焦りすぎず、友達の作り方をゆっくりと体験しながら覚えていきましょう。

あなたなりに、一生懸命頑張れば誰かがその努力を認めてくれます。

あまり深く考え過ぎずにこの記事はあくまでも参考にしながら自分なりに頑張ってみてください

では、最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が良いと思ってくれた方はSNSでのシェアをよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました